気になる英語表現(18‐106):go cashless

  • 2018.04.16 Monday
  • 03:59

 

アメリカのある分野では、ますます“go cashless”になっているとか。

 

一体全体、どういうことなのでしょう。

気になります。

勉強してみましょう。

 

go cashless”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです。

 

 More restaurants go cashless, accept only cards and other forms of payment
 Zlati Meyer, USA TODAY 
 Published 6:01 a.m. ET April 15, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

go cashless”とは、「…がキャッシュレスになる」という慣用句です。

つまり、「…が現金を扱わなくなる」ということです。

 

cashless”が「現金を使わない」「現金不要の」という形容詞ですので、

自動詞の“go”の補語となって、上の意味になります。

 

go + 形容詞”は、かなりの場合、「…になる」を表すのに使えます。

公式として覚えておくとよいでしょう。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 レストラン、ますますキャッシュレスになり、カードや他の支払い方法だけを受け取ることに

 

となります。

 

記事によると、現金支払いを断るアメリカのレストラン・チェーンが増えているそうです。

例として、「Tender Greens」「Sweetgreen」などが挙げられています。

シアトルにあるスターバックスの1店舗も、現金を受け付けないそうです。

 

それもこれも、クレジットカードを支払いに使う人が年に5.3%も増え続けているからだとか。

しかも、現金を断ることで、現金の会計処理に時間がかからなくなり、

店内の会計係によるコソ泥行為(pilferage)を減らし、

強盗(stickup)に襲われる恐怖をから解放されるからだといいます。

 

もちろん、クレジットカードをもたない人もいます。

若年層や貧困層の人びとです。

そういうひとたちはは、キャッシュレス・レストランは使えません。

しかし、それでも、客足には関係ないとか。

 

もちろん、マクドナルドなどのファーストフード店ではいまも現金が使えます。

経営戦略によって、支払い方法が変わる時代になったということでしょう。

善かれ悪しかれ、時代の流れといえます。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM