気になる英語表現(18‐85):berth

  • 2018.03.26 Monday
  • 10:11

 

3月のアメリカは、男女とも、大学全米1位を決めるNCAAトーナメントが行われます。

その盛り上がりは「3月の狂気(March Madness)」と呼ばれるほどです。

 

そんな中、女子バスケットでも激しい争いが続いています。

すべては、“berth”をめざしてのものです。

 

一体全体、何をめざしているのでしょう。

気になります。

勉強してみましょう。

 

berth”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです(掲載紙は、USA Today)。

 

 South Carolina and UConn to square off for Final Four berth
 AP Published 4:13 p.m. ET March 25, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

berth”は、この場合、「出場権」という名詞です。

 

その他、「(船や列車の)寝台」「(船の)停泊所」「船員職」という船関係の名詞を表します。

ここから、自動詞で「…が停泊する」「…が宿泊する」、

他動詞で「…を停泊させる」「…を宿泊させる」という意味が生まれています。

 

発音は、“birth”(誕生)と同じです。

 

South Carolina”は、“University of South Carolina”(サウスカロライナ大学)のこと。

 

UConn”は、“University of Connecticut”(コネチカット大学)の略。

 

square off for”は、「…を求めて争う」。

 

Final Four”は、「(March Madnessの)ベストフォー(準決勝)」のこと。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 サウスカロライナとコネチカット、準決勝進出を求めて激突

 

となります。

 

コネチカットは、全米優勝11回を誇る名門です。

他方、サウスカロライナも、

2008年にドーン・ステイリーをヘッドコーチに迎えて、強くなりました。

昨年は、このトーナメントで優勝しています。

 

この強豪同士が、この月曜の夜、March Madnessの準々決勝で当たるのです。

全米のバスケット・ファンは、相当に燃えていることでしょう。

 

2月1日に両校は対戦しているのですが、そのときにはコネチカットが勝ちました。

今回はどんな結果になるか、大いに楽しみです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM