気になる英語表現(18‐61):nor'easter

  • 2018.03.02 Friday
  • 05:26

 

アメリカ東部で、今週末“nor'easter”が猛威を振るうという予報が出ています。

 

一体全体、何が起きるというのでしょう。

気になります。

勉強してみましょう。

 

nor'easter”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Powerful nor'easter has nearly the entire East Coast under high wind watches, warnings
 Doyle Rice, USA TODAY 
 Published 9:55 a.m. ET March 1, 2018 | Updated 1:50 p.m. ET March 1, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

nor'easter”とは、「北東風」のことで、「ノーイースター」と呼ばれています。

“northeaster”の短縮形になります。

特に、「アメリカ合衆国北東部やカナダの大西洋沿岸を襲う、発達した温帯低気圧による嵐」を指します。

 

なお、日本では「ノーイースター」といわれていますが、

原音では「ノーリスター(nɔ`ːríːstər)」のほうが近いので、ご注意ください。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 強力なノーイースター、東海岸ほぼ全域に強風注意報・警報が発令される

 

となります

 

記事によれば、金・土曜と激しい嵐が米国東部を襲うようです。

大雪はもちろん、洪水の恐れもあり、交通機関の大混乱が予想されています。

どうやら「爆弾低気圧(bombogenesis)」のせいのようです。

 

今週末米東部に行く予定のある方、ご注意ください。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM