気になる英語表現(18‐39):snag

  • 2018.02.08 Thursday
  • 07:13

 

 

米五輪金メダリストリンゼイ・ボン選手(上・中央)が、“snag”に見舞われました。

 

一体全体、どういうことなのでしょう。

気になります。

勉強してみましょう。

 

snag”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Lindsey Vonn runs into travel snag trying to get to Winter Olympics
 TOM SCHAD  |  USA TODAY
 3:03 a.m. GMT+9 Feb. 8, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

snag”とは、「おもわぬ、予期できない障害」という意味です。

 

もともとの「(布や衣類が鋭い突起物に引っかかれて生じる)かぎ裂き」から派生しています。

 

ゆえに、自動詞では「…が引っかかる」「…がかぎ裂きができる」、

他動詞では「…をひっかける」「…をかぎ裂きにする」という意味になります。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 リンゼイ・ボン、冬季五輪に向かう際、おもわぬ障害にぶつかる

 

となります。

 

リンゼイ・ボンは、1984年10月18日生まれの米女子アルペンスキー選手です。

2010年バンクーバー五輪では、滑降で金メダル、スーパー大回転で銅メダルを得ました。

世界選手権では、2009年に滑降とスーパー大回転で金メダルを獲得しています。

ワールドカップでは、女子歴代最多の76勝を記録し、総合優勝を4回達成した凄い人なのです。

 

今回の平昌五輪でも、米代表として韓国に向かおうとしていました。

ところが、乗った飛行機が動かず、2時間も空港で立ち往生したというのです。

それをボン選手がツイートしたことが、この記事につながっています。

 

結局、それから1時間後、都合3時間飛行機に閉じ込められて、やっと飛び立ったそうです。

 

今回の五輪でもメダルが期待されています。

体調万全で韓国に着いてくれたら、万々歳です。

 

人生、できるだけ“snag”とは縁遠くありたいものです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM