気になる英語表現(18‐36):hype

  • 2018.02.05 Monday
  • 07:28

 

 

いよいよ第52回スーパーボウルです。

その試合直前に、“hype”ビデオがインターネットに流されました。

 

一体全体、どんなビデオなのでしょう。

気になります。

勉強してみましょう。

 

hype”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Tom Brady shares his own epic hype video just hours before the Patriots' Super Bowl
 By Andrew Joseph    
 USA Today February 4, 2018 12:43 pm

 

おわかりでしょうか。

 

hype”は、「カッコいい」「すばらしい」という形容詞です。

 

もともと、“hype”は「誇大広告」「いんちき」「詐欺」のほか、

「麻薬中毒者」などと悪いイメージをもつ名詞でした。

ところが、最近ではそれが一転して上のよい意味で使われるようになったのです。

日本の英和辞書にはまだ上の意味がついていないものが多いので、この際覚えておきましょう。

 

share”は、この場合、「…を共有する」「…を分ける」というよりも

「…を披露する」という訳語がベストです。

 

epic”は、「壮大な」「英雄的な」「叙事詩の」「すばらしい」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 トム・ブレイディ、自身の叙事的でスタイリッシュなビデオを披露、

 ペイトリオッツが出るスーパーボウルの数時間前に

 

となります。

 

トム・ブレイディ(上)は、ニューイングランド・ペイトリオッツのクォーターバック。

1977年8月3日生まれの40歳ですが、その力は衰えていません。

NFL史上最高のQBといわれています。

 

2000年にプロ入りしてから、スーパーボウルを制覇すること5回。

スーパーボウルMVP4回。

シーズンMVP2回。

凄すぎる実績です。

 

今回、ペイトリオッツは、2連覇をかけて、フィラデルフィア・イーグルスと戦います。

そして、多くの予想はペイトリオッツの勝利なのです。

そうなると、ブレイディが5度目のMVPになるかもしれません。

 

そのブレイディのソーシャルメディア・チームが作ったのがこのビデオです。

ミシガン大学時代からいまに至るまでのブレイディとそのチームメイトが登場し、

キレのよい編集で観る者の心を躍らせます。

 

ビデオは、上の記事に入ると観ることができます。

ぜひご覧あれ。

 

なお、イーグルスはイーグルスで、俳優ブラッドリー・クーパーをナレーターに起用して、

hype”ビデオを作っています。

http://ftw.usatoday.com/2018/02/bradley-cooper-eagles-fan-hype-video-super-bowl-lii-patriots-philadelphia-one-game

 

さてさて、どちらが勝つのか。

もうすぐキックオフです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM