気になる英語表現(18‐13):cold snap

  • 2018.01.13 Saturday
  • 08:42

 

日本同様、アメリカも“cold snap”に襲われています。

 

一体全体、どういう状態なのでしょう。

気になります。

勉強してみましょう。

 

cold snap”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Recent cold snap was an extremely rare freak of nature
 Doyle Rice, USA TODAY 
 Published 3:30 p.m. ET Jan. 12, 2018 | Updated 4:46 p.m. ET Jan. 12, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

cold snap”は、「突然の寒波」「急激な寒さ」を表します。

 

snap”自体に「寒波」「寒気」という意味があり、それがより強められたのがこの慣用句です。

 

freak of nature”は、「異常気象」「天変地異」。

「変わり者」「変わり種」という意味でも使えます。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 最近の突然の寒波は、非常にまれな異常気象だった

 

となります。

 

昨年来、当ブログで紹介しているように、アメリカは記録的な大寒波に襲われています。

気候変動のせいなのでしょうか。

専門家も、その理由がよくわからないようです。

とはいえ、記録に残る“cold snap”であることは、間違いありません。

 

こんなとき、アメリカではだれかと別れるときに、“Stay warm!”と声をかけます。

「温かくしててね」という意味です。

おそらく何百万というアメリカ人が毎日このフレーズを使っていることでしょう。

 

春が待ち遠しい限りです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM