気になる英語表現(18‐7):メトロポリタン美術館よ、入場料を徴収せよ

  • 2018.01.07 Sunday
  • 14:54

 

The New York Timesが、社説でメトロポリタン美術館について論及しています。

 

Making Art Lovers Pay
By THE EDITORIAL BOARD JAN. 4, 2018

 

一体全体どのような内容なのでしょう。

大いに気になります。

早速分析してみましょう。

 

社説は、ヘッドラインを入れて、計8段落466。それほど長くなく、難解な語彙も少ないので、とても読みやすい英文です。6分でざっくりと訳せたら、TOEIC800点以上の実力。太字の重要語句に注意して、どうぞ。

 

***********

 

Making Art Lovers Pay

 

The Metropolitan Museum of Art has probably made itself popular with no one by announcing it will soon impose a mandatory admission fee of up to $25 on visitors who don’t live in New York State. But given financial realities — a multimillion-dollar deficit that will not disappear by itself — the new policy, announced on Thursday, is as understandable as it is regrettable.

 

For decades, the Met followed a pay-as-you-wish tradition, suggesting a $25 payment from every adult but not requiring it. If you wished to put up much less, so be it. In recent years, the share of museumgoers paying the full freight shrank as the suggested price rose to $25 from $12. In 2004, 63 percent of adults paid in full. In 2017, the figure shriveled to 17 percent. The system simply “isn’t successful anymore,” said Daniel Weiss, the Met’s president and chief executive. He said his institution is the only major museum anywhere that relies on voluntary fees and doesn’t get most of its revenue from the government.

 

So starting in March, non-New Yorkers will have to pay $25, though students and the elderly will be charged, respectively, $12 and $17. The only exceptions are students from Connecticut and New Jersey. Pay as you wish remains in place for them. The same goes for New Yorkers. In effect, they will be carded, forced to produce identification — a driver’s license, a library card, a bank statement — that shows their address.

 

The new system is in line with prices charged at some other institutions, like the Museum of Modern Art. It’s not expected to produce torrents of new money for the Met, though. Mr. Weiss put the projected extra revenue from non-New Yorkers between $6 million and $11 million. New York City’s government — which has given the new policy its blessing and contributes more than $27 million a year to help cover the museum’s operating expenses — spends $6 million every 35 minutes or so.

 

It’s tempting to ask if the Met couldn’t have found other sources without compelling some visitors to pry open their wallets. Indeed, some are already asking. Among those giving the change a thumbs-down are The Times’s chief art critics, Holland Cotter and Roberta Smith.

 

Still, one can sympathize with the museum, even if some of its financial woes are of its own creation across the years. Mr. Weiss calls the new revenue both “meaningful” and dependable. It’s hard to imagine vast numbers of foreigners or out-of-staters, already paying sacks of cash to tour New York, refusing to set foot in the Met because $25 will now be demanded instead of requested.

 

We’re going to keep an eye out, though, for scam artists. Can’t you just see enterprising souls hanging outside the Met and hawking fake New York IDs?

 

***********

いかがでしたか。それでは、ヘッドラインから見ていきましょう。

 

***********

 

Making Art Lovers Pay

 

*****対訳*****

 

美術愛好家に入場料を払わせよ

 

***********

 

The Metropolitan Museum of Art has probably made itself popular with no one by announcing it will soon impose a mandatory admission fee of up to $25 on visitors who don’t live in New York State. But given financial realities — a multimillion-dollar deficit that will not disappear by itself — the new policy, announced on Thursday, is as understandable as it is regrettable.

 

*****語句の説明*****

 

Metropolitan Museum of Art  メトロポリタン美術館(Met:メト):

 米ニューヨーク・シティにある1870年開館の世界最大級美術館

mandatory  義務的な

admission fee  入場料

multimillion-dollar  数百万ドルの

deficit  欠損,赤字

regrettable  遺憾な,残念な

 

*****対訳*****

 

メトロポリタン美術館が、おそらく、その人気を失ってしまったようだ。メトがニューヨーク州に在住しない入場者たちに最高25ドルの義務的な入場料をまもなく課すことになると発表したからである。しかし、財政的現実ーーそのままでは消えることのない数百万ドルの赤字ーーを考慮すると、木曜日に発表された新しい方針は残念ではあるが、理解できるものでもある。

 

***********

 

For decades, the Met followed a pay-as-you-wish tradition, suggesting a $25 payment from every adult but not requiring it. If you wished to put up much less, so be it. In recent years, the share of museumgoers paying the full freight shrank as the suggested price rose to $25 from $12. In 2004, 63 percent of adults paid in full. In 2017, the figure shriveled to 17 percent. The system simply “isn’t successful anymore,” said Daniel Weiss, the Met’s president and chief executive. He said his institution is the only major museum anywhere that relies on voluntary fees and doesn’t get most of its revenue from the government.

 

*****語句の説明*****

 

pay-as-you-wish  払いたいだけ払う

put up  …を出す

so be it  それならそれでよい

museumgoer  美術館入場者

freight  入場料

shriveled to  …に縮小する

institution  機関

revenue  歳入

 

*****対訳*****

 

何十年もの間、メトは払いたいだけ払ってもらうという伝統を踏襲してきた。大人からは一人当たり25ドルの支払いを推奨しているが、それを要求してはいなかった。もしそれよりもはるかに低い額しか出したくないのなら、それはそれでよいという態度である。しかし、ここ数年、入場料を全額支払う美術館入場者の割合が、縮小した。その結果、推奨する入場料を、12ドルから25ドルに値上げした。2004年には、63%の大人が全額支払った。2017年には、その数は17%に縮小した。現行のシステムは、はっきりといって「もはや成功していない」とメトの館長兼CEOであるダニエル・ワイスは語った。氏は、氏の機関が自発的な入場料に依存し、その歳入の大半を政府から得ていない、全米唯一の主要美術館なのだと語ったのである。

 

***********

 

So starting in March, non-New Yorkers will have to pay $25, though students and the elderly will be charged, respectively, $12 and $17. The only exceptions are students from Connecticut and New Jersey. Pay as you wish remains in place for them. The same goes for New Yorkers. In effect, they will be carded, forced to produce identification — a driver’s license, a library card, a bank statement — that shows their address.

 

*****語句の説明*****

 

respectively  それぞれ

exception  例外

in effect​  実質的に,事実上

card  …に身分証明書の提示を求める

bank statement  銀行取引明細書

 

*****対訳*****

 

したがって、3月から、非ニューヨーク州民は25ドル支払わなければならない。ただし、学生と高齢者には、それぞれ12ドルと17ドルが課される。唯一の例外は、コネチカット州とニュージャージー州の学生である。支払いたいだけ支払うという制度は、その学生たちのために残されることになる。ニューヨーク州民も同様だ。事実上、入場者は身分証明書の提示を求められることになる。つまり、身分証明書(運転免許証、図書館利用者カード、銀行取引明細書)を作り、自分の住所を示さなければならなくなるのだ。

 

***********

 

The new system is in line with prices charged at some other institutions, like the Museum of Modern Art. It’s not expected to produce torrents of new money for the Met, though. Mr. Weiss put the projected extra revenue from non-New Yorkers between $6 million and $11 million. New York City’s government — which has given the new policy its blessing and contributes more than $27 million a year to help cover the museum’s operating expenses — spends $6 million every 35 minutes or so.

 

*****語句の説明*****

 

in line with  …の範囲内で;…と一致して

Museum of Modern Art  ニューヨーク近代美術館

torrents of  急流のように流れ込む

..., though  …ではあるが

blessing  承認;恩恵

expenses  経費

 

*****対訳*****

 

この新システムは、ニューヨーク近代美術館のような他の美術館で徴収されている入場料の範囲内にある。とはいえ、このシステムは新しいお金が流れ込むようにメトに入ってくることを期待させるものではない。ワイス氏は、非ニューヨーク州民からの追加歳入を600万ドルから1100万ドルの間と予想した。ニューヨーク市政府は、この新方針に承認を与え、美術館の運営経費を補填するために年間2700万ドル以上の寄付をしているのだが、これから、市政府は、約35分ごとに600万ドルを支払うことになる。

 

***********

 

It’s tempting to ask if the Met couldn’t have found other sources without compelling some visitors to pry open their wallets. Indeed, some are already asking. Among those giving the change a thumbs-down are The Times’s chief art critics, Holland Cotter and Roberta Smith.

 

*****語句の説明*****

 

tempting  そそる,誘惑する

compel X to 〜  Xに強制的に〜させる

pry open  …をこじ開ける

thumbs-down  反対;両手の親指を下げるしぐさ

 

*****対訳*****

 

尋ねたい誘惑にかられるのは、メトが一部の入場者たちにその財布を強制的にこじ開けさせることなしに、他の財源を見つけることができなかったのかということだ。実際、すでにそれを尋ねている人もいる。この変更に両親指を下げて反対をしている人びとの中には、ニューヨーク・タイムズの首席美術批評家ホランド・コターとロバータ・スミスがいる。

 

***********

 

Still, one can sympathize with the museum, even if some of its financial woes are of its own creation across the years. Mr. Weiss calls the new revenue both “meaningful” and dependable. It’s hard to imagine vast numbers of foreigners or out-of-staters, already paying sacks of cash to tour New York, refusing to set foot in the Met because $25 will now be demanded instead of requested.

 

*****語句の説明*****

 

sympathize with  …に同情する

financial woe  財政難

out-of-stater  州外民

sacks of  大量の

set foot in  …に足を踏み入れる

 

*****対訳*****

 

とはいえ、メトに同情する人もいる。たとえ、その財政難の一部がメト自身が何年にもわたって作り出したものであったとしてもである。ワイス氏は、新しい歳入を「意味があり」頼りになるものだと呼ぶ。想像するのが難しいのは、多数の外国人や州外民たちがニューヨーク観光に大量の現金をすでに支払っているのに、25ドルの支払いが推奨されるのではなく要求されるからといって、メトに足を踏み入れることを拒絶することだ。

 

***********

 

We’re going to keep an eye out, though, for scam artists. Can’t you just see enterprising souls hanging outside the Met and hawking fake New York IDs?

 

*****語句の説明*****

 

keep an eye out for  …に目を光らせる,を見張る

scam artist  詐欺師

enterprising  事業欲に燃える,野心的な

soul  人;魂

hawk  …を売り歩く

 

*****対訳*****

 

しかしながら、われわれは詐欺師には目を光らせていくことになるだろう。事業欲に燃える人々がメトの外をうろついて、偽のニューヨーク州身分証明書を売り歩くのを監視する必要があるからだ。

 

+++++++++

 

貧乏英語塾長がメトに行ったのは、30年前のことです。貧乏留学生でしたが、入場料はきちんと払った記憶があります。それを払わなくなったセコイ入場者が増えたというのですから、悲しくなります。

 

いまの物凄く物価の高いNYCを観光できる人なら、お金はもっているはずです。どうしてきちんと入場料を払わないのでしょう。日本に大量に押し寄せてくる、あの方面の外国人のせいではないかとにらんでいるのですが、違うのでしょうか。

 

ともあれ、芸術はパトロンがいて成り立つもの。対価を惜しんでいたら、芸術が廃れてしまいます。メトの決断は、味気ないですが、致し方ないことでしょう。

 

ともあれ、NYCに行ったら、ぜひともメトやMOMAに出かけて、その膨大な美術品から何かを学んでください。一生の宝になるはずです。もちろん、英語の勉強にもなります。勉強してください。

 

INDECは、いつでもお手伝いいたします。自己変革を本気で行う覚悟のある方のお問い合わせをお待ちしております。

INDECは、夢と希望をもった若者を応援しています!


公式サイト:http://indec.jp/

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM