気になる英語表現(17‐321):sleeper

  • 2017.12.01 Friday
  • 04:25

 

 

長距離バスの豪華化傾向は、日本だけのことではないようです。

アメリカでも、“sleeper”をもつバスが走り始めました。

 

一体全体、どういうことなのでしょう。

気になります。

勉強してみましょう。

 

sleeper”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 New luxury bus line offers sleeper service
 Ed Perkins, SmarterTravel.com 
 Published 7:05 a.m. ET Nov. 30, 2017

 

おわかりでしょうか。

 

sleeper”とは、この場合、「寝台車」という意味です。

 

「眠っている人」という意味が大元ですが、

工作員として敵国で潜伏している「スリーパー」も意味すれば、

「(競馬などの)大穴」も意味します。

ある意味、複雑な単語ですから、用心してください。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 新しい豪華バス路線、寝台車サービスを用意

 

となります。

 

記事によりますと、このバス路線が走るのは、ロサンゼルス・サンフランシスコ間。

夜11時に出て、朝7時に到着します。

 

寝台ベッドの区画は(cubicle)は、長さ75インチ、幅31インチ、高さ25インチ。

つまり、長さ190僉幅79僉高さ64僉

多くの日本人には快適なサイズでしょう。

 

各ベッドで、エアコン調整が可能で、電気コンセントもあり、

Wi-Fiサービスも、トイレもついています。

料金は115ドル。

アムウェイや飛行機よりも安くつきます。

 

学生時代、九州から東京まで、「さくら」という寝台列車で移動していた貧乏英語塾長、

乗りたくなってしまいました。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM