気になる英語表現(17‐319):bench

  • 2017.11.29 Wednesday
  • 09:15

 

 

NFLを代表するベテラン・クォーターバックが、“bench”されることになりました。

 

一体全体、どういうことなのでしょう。

気になります。

勉強してみましょう。

 

bench”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Giants to bench Eli Manning, start Geno Smith against Raiders
 Nate Davis, USA TODAY Sports 
 Published 3:48 p.m. ET Nov. 28, 2017 | Updated 4:38 p.m. ET Nov. 28, 2017

 

おわかりでしょうか。

 

bench”は、この場合、「…をスタメン落ちにする」という他動詞です。

…を試合から下げる」という意味もあります。

とにもかくにも、選手を“bench”に置くということです。

 

bench”には、「裁判官席」「法廷」という意味もありますので、

…を判事の地位に就かせる」という意味でも使えます。

 

試合で活躍できなくなるのも、裁判で活躍できるのも、“bench”です。

面白いですね。

 

なお、このように名詞で覚えている簡単な単語は、ほとんどがそのまま動詞で使えます。

たとえば、“water”は、「…に水をやる」、“flower”は「…が花開く」という具合です

ゆえに、動詞形がおもいつかない場合、名詞をそのままの形で使ってみてください。

ネイティブは、すんなりうなずいてくれる場合が多いはずです。

臆せず、使ってみましょう。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 ジャイアンツ、イーライ・マニングをベンチに置いて、ジーノ・スミスをレイダース戦の先発に

 

となります。

 

イーライ・マニング(上)は、1981年1月3日生まれの36歳。

フットボールの名門ミシシッピー大学を卒業し、

2004年からニューヨーク・ジャイアンツのクォーターバック(QB)として活躍しています。

2007年と2011年にスーパーボウルでジャイアンツを優勝に導き、

それぞれスーパーボウルMVPに選ばれたほどのレジェンドです。

 

しかし、この名選手も、寄る年波に勝てないのか、今年は不調。

これまで210試合連続先発出場を果たし、

ブレット・ファーヴのもつ287試合連続先発試合出場を狙えるかと期待されていたのですが、

とうとう今度の日曜日には、その記録が途絶えることになりました。

控えのQB、ジーノ・スミスに先発の座を譲ることになったのです。

 

残念ですが、ここで気落ちせず、マニングには再び大舞台で活躍してもらいたいものです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM