気になる英語表現(17‐272):zap

  • 2017.10.13 Friday
  • 03:04

 

米イエローストーン国立公園の超巨大火山が噴火するかもといわれています。

そうなると、人類も“zap”されてしまうというのです。

 

一体全体、どういうことなのでしょう。

気になります。

勉強してみましょう。

 

zap”が登場するのは、次の記事のホームページにおける紹介ヘッドラインです。

 

 Yellowstone supervolcano may blow sooner than thought — and could wipe out life on the planet
 Matthew Diebel, USATODAY 
 Published 11:27 a.m. ET Oct. 12, 2017 | Updated 12:16 p.m. ET Oct. 12, 2017

 

その紹介ヘッドラインです。

 

 Yellowstone supervolcano may blow sooner than thought —

 and it could zap life on Earth

 

おわかりでしょうか。

 

zap”とは、「…を殺す」「…を打ち負かす」という他動詞です。

上のヘッドラインにある“wipe out”(…を全滅させる,消去する)の同義語です。

 

ザッピング(zapping)」というと、たいてい「チャンネルを変えること」で使います。

しかし、これはもともとTV番組のCMのときに、CMを消去するために、

他局の番組をチェックするという意味だったのです。

ゆえに、録画した番組からCMを「消去する」ことも“zap”で表現します。

 

というわけで、ふたつのヘッドラインはほぼ同じ意味なのです。

 

supervolcano”は、「超巨大火山」。

 

紹介ヘッドラインを訳すと、

 

 イエローストーンの超巨大火山、おもったよりも早く噴火するかも

 そうなれば、地球上の生命は絶滅の可能性

 

となります。

 

米イエローストーン国立公園には、超巨大火山があります。

最後に噴火したのは、およそ63万年前のことです。

しかし、その火山が、研究者たちによれば、また噴火する可能性があるというのです。

 

すぐに起きるものとはいえないようですが、それでも起きても不思議がなく、

その大噴火が起きれば、地球上の生物に大打撃をあたえることになるとか。

 

富士山もいつ噴火するかわかりませんし、まったくもって怖い話です。

準備しても、それが役立つ保証もありません。

ひたすら地球が怒らないように祈ることにいたしましょう。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM