気になる英語表現(17‐210):take the stand

  • 2017.08.11 Friday
  • 06:44

 

 

世界の歌姫テイラー・スウィフトが、“take the stand”したとUSA Todayが報じています。

 

一体全体、どういうことなのでしょう。

気になります。

勉強してみましょう。

 

take the stand”が登場するのは、次の記事の本文です。

 

 Taylor Swift groping trial: 'It was a very long grab'
 Maria Puente, USA TODAY 
 Published 11:16 a.m. ET Aug. 10, 2017 | Updated 4:00 p.m. ET Aug. 10, 2017

 

おわかりでしょうか。

 

take the stand”は、「…が証人台に立つ」という熟語です。

 

stand”に「証人台」という意味があるために、この熟語が生まれています。

 

記事では、次のように使われました。

 

 Taylor Swift took the stand Thursday in federal court in Denver

 to testify about what she says an ex-radio DJ did to her in 2013:

 grabbed her bare bottom during a pre-concert photo shoot.

 

 テイラー・スウィフトが、木曜日、デンバーの連邦裁判所で証人台に立った

 2013年に元ラジオDJがスウィフトに行った行為について証言するためだ。

 それは、コンサート前の写真撮影時にお尻をつかんだ痴漢行為についてである。

 

ちなみに、ヘッドラインを訳すと、

 

 テイラー・スウィフト痴漢裁判:「つかまれたのは長い時間でした」

 

となります。

 

気になる英語表現(17‐206):groping」で紹介したように、

テイラー・スウィフトは、いま痴漢事件の裁判を争っています。

そのために、多忙の中わざわざデンバーまで赴き、証言したのです。

 

いかなる判決が下されるか、注目です。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM