稼いだら、どんどん寄付すべし

  • 2017.04.21 Friday
  • 04:45

 

 

日本を代表する企業、日本電産の永守重信会長の発想は、常に刺激的です。

しかも、常に社会全体の発展を考えておられます。

今回は、京都学園大学への多額の寄付を行うと発表されました。

 

功成り名を遂げても、私欲に走る人が多い中で、貴重なことです。

成功したらば、それを寄付という形で社会に還元する。

これができてこそ、本当の成功者でしょう。

 

改めて、永守会長を当英語塾INDECのロールモデルに認定させていただきます。

 

**********


「全部使ってあの世に」日本電産会長、億単位の寄付次々
朝日新聞 2017年4月20日13時25分

 

 大学の街・京都で、モーター大手・日本電産(京都市南区)の創業者、永守重信会長(72)による寄付金の行方に注目が集まっている。数十億円単位の私財を大学に次々と投じ、資金難にあえぐ大学を支援している。

 

 「税金はどう使われるか分からんが、寄付なら使い道がはっきりする。全部使ってあの世に行くということや。教育が一番良い

 

 3月30日、京都学園大(右京区)で開いた記者会見後、永守氏が報道陣に語った。2020年に工学部新設を目指す同大学を支援するため、100億円以上を私財でまかなう構想を発表したのだ。

 

 学部定員200人半数ほどは留学生を想定する。大学院は100人実践的な研究・開発力や英語力を備えた人材を育てる。経営大学院設置も視野に入れる。来春には自身が大学の理事長に就任し、大学名も変えるという。永守氏は「大学を作るのが夢だった。他国と比べて日本の大学は即戦力を出せていない。企業や社会が求める人材を育てる。金も口も出すよ」。

 

 今月7日には日本電産が京都大(左京区)に次世代モーターを研究する寄付講座の開講を発表。永守氏は京大の山極寿一総長と握手を交わし、今後5年間で2億1千万円を寄付すると約束した。講座を担う中村武恒・特定教授は「ひも付きではなく、我々のやりたいことをやれと言ってもらえたので、基礎的な原理からじっくりと研究する。環境に優しい次代のモーターを開発したい」と歓迎した。

 

 京都学園大では設計や生産の現場で不足する技術者を養成し、京大の講座は長期的に同社に還元できる基礎研究に照準を合わせる。

 

 すでに永守氏は14年、70億円の私財で府立医科大にがん治療のための陽子線施設を寄付すると表明。関係者によると、「役所に任せると値段が高くなるから」と装置や建屋を自身で調達しているという。

 

 大学を助ける篤志家としては稲盛和夫・京セラ名誉会長(85)が知られる。優れた研究者を表彰する「京都賞」を創設し、最近では京都工芸繊維大、府立大、府立医大の3大学で利用する稲盛記念会館の建設に20億円を寄付した。「永守さんの目標は稲盛さんでは」との声も聞かれる。

 

 永守氏は日本電産株の8%を保有。その配当金などが寄付の源泉とみられる。いまだ寄付を受けていない他大学や財源の苦しい自治体なども「うかうかしていられない」(自治体幹部)と永守氏の動向に注目する。同志社大などを運営する学校法人同志社の八田英二総長も今月、永守氏の寄付に言及し、「産学協同をさらに進める。我々も企業からの大型資金の受け皿になりたい」と意欲をみせる。(波多野陽)

 

**********

 

永守会長がどれだけの資産をおもちかは、知りません。

しかし、死ぬまでに資産をすべて社会に還元しようという発想には脱帽です。

 

仕事は、どんなものであれ、所属する社会あってのもの。

社会の繁栄なくして、どんな仕事も未来はありません。

ゆえに、社会の発展に寄与しない企業に未来はないのです。

 

実際、海外では、成功した実業家が多額の寄付をするのは当たり前。

日本でも、そういう慣習が根づくことを祈ります。

 

永守会長をめざす若者たちが増えますように。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM