真の勉強家は、自分のダメダメぶりを素直に認める

  • 2016.11.04 Friday
  • 09:43

当ブログに来てくださる方は、勉強家もしくは勉強家志望の方だと拝察します。

さもないと、「勉強しよう」とばかり書き続けている当ブログが面白いはずはありません。

 

しかし、勉強家であればこそ、陥ってはいけないポイントがあります。

それは、勉強した自信から、「これで十分」と現状に満足してしまうことです。

そうなれば、改善する意欲が薄れ、停滞もしくは後退を招きます。

 

ぜひとも、常に自分のダメダメぶりをしっかりと認め続けてください。

 

唯一の全米紙『USA Today』に面白い記事を見つけました。

ヘッドラインを示します。訳せますか?

 

 Stop the music! The science of 'earworms' and the 9 'stickiest' songs
 Maria Puente , USA TODAY 4 p.m. EDT November 3, 2016

 

問題は、‟earworm”と‟stickiest”というふたつの単語でしょう。

特に、前者を知っている人は、相当な英語力です。

 

その意味を考えながら、本文を読んでみてください。

全体の主旨がわかれば、間違いなく、TOEIC900点以上の実力です。

太字の重要語に気をつけながら、どうぞ。

 

**********

 

Everybody complains about "earworms;" no one does anything about them.

 

But British scientists have been studying the maddening effects when a pop song keeps popping into your head — and won't depart. Turns out there are scientific, mathematical and musical reasons why "sticky" songs are so frustratingly sticky.

 

Earworms (the musical kind, not the cringe-inducing bugs) have an actual scientific label: Involuntary Musical Imagery, or INMI.

 

According to the first large-scale study of earworms, such songs usually have a faster tempo, a fairly generic and easy-to-remember melody, and specific kinds of intervals, such as leaps or repetition, that set them apart from your average pop song.

 

The research, Dissecting an Earworm: Melodic Features and Song Popularity Predict Involuntary Musical Imagery, was published Thursday by the American Psychological Association's journal Psychology of Aesthetics, Creativity and the Arts.

 

The study examined whether a song’s popularity and melodic features helped to explain whether it becomes an earworm. Using a dataset of tunes that were named as INMI by 3,000 survey participants, the study found that songs that had achieved greater success and more recent runs in the U.K. music charts were reported more frequently as earworms.

 

This conclusion comes after a eye-glazing series of charts, graphs, tables, equations and musical notations. Bottom line: Peppy pop songs that play over and over in your head are designed to do exactly that.

 

“These musically sticky songs seem to have quite a fast tempo along with a common melodic shape and unusual intervals or repetitions like we can hear in the opening riff of Smoke On The Water by Deep Purple or in the chorus of Bad Romance (by Lady Gaga)," said Kelly Jakubowski, lead author of the study conducted at the University of London.

 

The most likely tunes to get stuck in heads were those with the most common melodic riffs found in Western pop music, such as a rise in pitch followed by a fall in pitch, as in nursery tunes and in Twinkle, Twinkle Little Star. Thus, Moves Like Jagger by Maroon 5 is an earworm because its opening riff follows this pattern, the study found.

 

The team provided a list of the nine most often-named earworms by study participants, and three were by the ubiquitous Gaga, a pop song-writing machine who chatted with James Corden on Carpool Karaoke last week about how fast she can crank them out.

 

They are:
Bad Romance by Lady Gaga
Can’t Get You Out Of My Head by Kylie Minogue
Don’t Stop Believing by Journey
Somebody That I Used To Know by Gotye
Moves Like Jagger by Maroon 5
California Gurls by Katy Perry
Bohemian Rhapsody by Queen
Alejandro by Lady Gaga
Poker Face by Lady Gaga

 

The oldest song on the list, Rhapsody, was released in 1975; the newest, Somebody I Used To Know, in 2011. If they want to go for an even 10, we'd nominate Sia's Chandelier, her 2014 melancholic treatise on life as a party girl. (And just like that, it's back in our heads.)

 

Now that we know the science, how do we get rid of the worms? Try not to think about it, the study authors advise. Or, go back to work.

 

As long as work doesn't require writing about earworms.

 

**********

 

どうですか。ヘッドラインの意味がわかりましたか。

 

太字の単語の意味を記しておきます。

 

maddening  気を狂わせるような、ひどくイライラさせる
cringe-inducing  身をすくませる
dissect  …を解剖する;を詳細に分析する
eye-glazing  目がかすむ
equation  方程式
musical notation  楽譜;記譜
peppy  元気いっぱいの
nursery tune  童謡
ubiquitous  あちこちで耳(目)にする、遍在する
crank out  …を次から次へと作り出す,量産する
 

全部わかった人は、大したものです。

 

さて、ヘッドラインの意味です。

 

earworm”は、本来は、「アメリカタバコガの幼虫」を意味します。

アメリカタバコガとは、トウモロコシ、トマト、綿花など多くの作物を食い荒らす害虫のことです。

もちろん、ここでは、こんな意味で使われていません。

口語では、「耳にこびりついて離れない歌・曲」を意味するのです。

 

stickiest”は、本文中に何度か用いられている‟sticky”の最上級形です。

「粘着性のある」という意味から「不快な」「難しい」「厄介な」という意味が生まれています。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、次のようになります。

 

 Stop the music! The science of 'earworms' and the 9 'stickiest' songs

 

 音楽を止めて!「耳にこびりついて離れない歌」の科学と9つの「もっとも厄介な」歌

 

この記事によれば、こうした‟earworm”には力強いリフレイン(riff)が含まれていて、さらに音程が上がって下がるというパターンをもっているという特徴があるという科学的研究を紹介しています。

 

納得いただけたでしょうか。

 

問題は、この意味がわからなかった人です。

相当な英語勉強家でも、‟earworm”は知らないものです。

そういう勉強家が、その事実を放置せずに、自分の英語力がダメダメだとみなせるかどうかです。

 

ダメダメだとみなせたら、改善に動き出します。

しかし、「何とかなるんじゃない」と自分に甘くなったら、もうそれでおしまいです。

英語力は伸びません。

 

欧米のネイティブスピーカーは、2万5000語から3万語の語彙を理解できます。

それに対して、TOEIC900点レベルの人は、1万語も理解できればよいほうです。

 

これで、TOEIC900点で世界の知識人から英語ができると尊敬されることがあるでしょうか。

そんなことは絶対にありません。

 

だからこそ、自分をダメダメ人間だと思って、勉強し続けるのです。

それだけが、ダメダメ状態から抜け出せる方法なのですから。

 

今日の教訓:自分にダメ出しできる人は、必ず伸びていく!

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM