勝ちたい気持ちが強いほうが、最後に勝つ

  • 2016.08.18 Thursday
  • 10:59

 

仕事であれ、勉強であれ、絶対に成功してやると思わないと、成功できません。

ある意味、強烈な負けじ魂が必要なのです。

 

そのうえで、負けないために、失敗しないために、何をすればよいかを考えるのです。

この発想ができて、それに応じた努力ができた人ならば、間違いなく、成功します。

 

リオ五輪の女子レスリング、初日から次の日本選手が金メダル独占です。

 

 48垉蕁‥从箜莉
 58垉蕁^膨干
 69垉蕁‥收沙羅

 

しかも、すべて逆転勝利。

この人たちの負けず嫌いが世界一であったということです。

 

**********


日本の金メダル、3大会ぶりに2桁 リオ五輪
朝日新聞 2016年8月18日10時56分

 

 リオデジャネイロ五輪第13日の17日(日本時間18日)、レスリング女子58キロ級で伊調馨(いちょうかおり、32)=ALSOK=が金メダルを獲得し、五輪の女子個人種目では全競技を通じて史上初となる4連覇を達成した。

 

 女子48キロ級では、五輪初出場の登坂(とうさか)絵莉(22)=東新住建=が金メダル。この階級での日本勢のメダルは4大会連続となった。同じく初出場の女子69キロ級の土性(どしょう)沙羅(21)=至学館大=も金メダルを獲得した。今大会の日本選手団の金メダルは10個となり、7個だった前回のロンドン大会を超えて3大会ぶりに2桁となった。
 

**********

 

どうしてこんなに負けず嫌いなのかと想ったら、この3人、吉田沙保里選手の後輩ではないですか。

つまり、みんな至学館大学で、吉田選手の背中を見てきたわけです。

 

負けず嫌いの吉田選手を見ていたら、あの逆転劇もむべなるかなと思ってしまいます。

 

**********

 

吉田沙保里「相手のケガ」を攻めるのは卑怯なのか?
PRESIDENT Online 2016.8.17

 

今回は、勝負に対する私の考え方をまとめてみました。

 

勝負に優しさは邪魔

 

戦い方にはその人の性格が如実に出ます。

 

普段おっとりしている選手は、スピードや瞬発力が欠けた戦い方になるので、試合でもなかなか勝てません。

 

練習で相手が壁にぶつかるのを気づかって、つい力を抜いてしまう心優しい選手は、試合でもせっかく攻めているのに詰めが甘くて簡単にバックに回られ、ポイントを奪われます。

 

だから、そういう性格だとなかなか強くなれないのです。

 

じゃあ、強い選手に共通の性格は何かというと、これは例外なく負けず嫌い

 

たとえば、女子69キロ級リオデジャネイロ・オリンピック代表の土性沙羅選手。彼女は道場でスパーリングするときも、実戦さながらの気合で向かっていくので、相手を壁に叩きつけるなんて日常茶飯事。たとえそれが先輩であっても、まったく遠慮しません。

 

それぐらい強い気持ちの持ち主じゃないと強くなれないし、世界では戦えないのです。

 

レスリングというのは格闘技ですから、やっつけにいかなければ反対にやられてしまいます。だから、どんなときも絶対に勝つんだという強い気持ちをもち続けなければなりません。それ以外の遠慮や優しさは、マットの上では必要ない、というか、はっきりいって邪魔なだけです。

 

私もものすごい負けず嫌いですよ。日常生活でも負けるのはイヤ。たとえじゃんけんだって負けたら「クソ―、もう一回」って勝つまでやります。勝負事は絶対に勝たないと気がすまないんです。

 

練習中はもちろんのこと、試合になるとより一層アドレナリンが出まくります。

 

とくにそれが顕著なのが、外国人のかわいい選手と戦うとき。いるんですよ、海外にはときどき、美形で手足が長くてスタイルのいい、モデルみたいな選手が。そういうときは燃えますね。「よし、ブン投げてやる!」ですよ。

 

私、本当に自分が女でよかったと思っています。男だったらきっと、試合で何人か相手を殺してますね。

 

最後は勝ちたい気持ちが強いほうが勝つ

 

ハングリー精神。勝負の世界で最後にものをいうのはこれです。実力が拮抗していたら、勝ちたいという気持ちに飢えているほうが絶対に勝ちます

 

私は、いまでも5歳で初めて試合に出たときのことが忘れられません。男の子と戦って負けてしまった私は、無性に悔しくなって泣きじゃくりました。そして、私に勝った男の子が表彰式で、金メダルを首にかけてもらっているのを見て、「私もあれがほしいよぉ」と父に訴えたのです。

 

すると、父はそんな私にこう言いました。

 

「いいか、沙保里。あの金メダルはな、スーパーやコンビニには売ってないんだよ。がんばって練習して強くなって、試合に勝った子しかもらえないものなんだ。だから、勝てるよう一生懸命練習しよう」

 

そこからです、私の負けず嫌いが始まったのは。

 

昔は、同じ勝つにしても絶対にフォールしたいとか、テクニカルフォールじゃなきゃ嫌だとかいう色気のようなものもありましたが、いまは、1点差でも勝ちは勝ちだと思って試合に臨んでいます。まあ、余裕がなくなってきたといえなくもありませんが、勝ちたいという気持ちが年々強くなっているのはたしかです。

 

よく、試合後に負けはしたけれど強敵相手に善戦できて満足みたいなコメントをする人がいますが、冗談じゃありません勝負は勝たなければダメ

 

また、いかに勝つためとはいえ、相手がケガをしているところを狙うのはスポーツマンシップに反するという意見にも反対です。

 

1984年のロスオリンピックの柔道男子無差別級決勝で、日本の山下泰裕選手と対戦して敗れたエジプトのモハメド・ラシュワン選手は、あえて負傷していた山下選手の右足を攻めなかったことがメディアで取り上げられ、立派な銀メダルと話題になりました。でも、それだって本当は、もともと相手の左足を攻めるのが得意だっただけなのかもしれません。

 

それに、もしあえてケガをしているほうを攻めたとしても、卑怯でもなんでもないと私は思います。ケガをしたのは自分の責任だし、棄権せずに出てきたのは、戦えるってことでしょ。それに、「ケガしたところを狙うのは立派な戦略である」と、当の山下さんもいっています。

 

私、勝負に対しては厳しいですよ。ずっとそうやって生きてきましたから。

 

とにかくレスリングは勝ってナンボ。私はあくまで勝ちにこだわっていきます。リオでは、トレードマークの高速タックルを捨ててでも勝ちにいくので見ていてください。

 

**********

 

これだけの負けず嫌いがあればこその、霊長類最強女子であるわけです。

 

われわれも、この吉田選手の負けず嫌いを見習わないといけません。

見習った3人が、金メダリストなのですから。

 

今日の教訓:負けず嫌いが、人生を決定づける!

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM