読書専用Kindleをもつというのも、いまとなってはありだろう

  • 2016.06.26 Sunday
  • 12:00
Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ホワイト、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー
Amazon

 

本を読まない人に、未来はありません。

勉強家なら、月に20冊は読みたいものです。

 

そんなときに役立つのが、電子書籍です。

特に、アマゾンのKindleは使えます。

 

今回、薄くて軽くなった新型Kindleが、7月20日に発売されることになりました。

しかも、プライム会員なら、たったの4980円で購入できます。

 

ただし、このKindle、本を読む以外は何もできません。

ですが、スマホやタブレットがこれだけ普及したいま、

これはひとつの立派な考え方ではないでしょうか。

 

新型Kindleの特長を、貧乏英語塾長が重要と考える順に列挙してみます。

 

 (1)重量が、わずか161gしかない

 (2)画面が読みやすく、目が疲れにくい

 (3)通常価格が、8980円しかしない

 

 (4)バッテリーが、数週間もつ

 (5)メインメモリが、前世代機の2倍になった

 (6)品ぞろえが、豊富

 (7)メモのエクスポートが、可能

 

(1)この軽さはすごいです。

ほぼスマホ並みです。

貧乏英語塾長が使っているKindle Fire HDXは、340gあります。

その半分の軽さとなのですから、絶句してしまいます。

従来機よりも16%以上も軽く、11%も薄いとか。

本を読むのが、物理的にとても楽になるはずです。

 

(2)屋外でも読みやすいように、画面が反射しません。

さらに、バックライトがつかないので、普通の本を読む感覚で接することができます。

その分、真っ暗なところでは読めなくなります。

ですが、寝る前の読書では、

普通の本を読むように、枕もとのスタンドを使えばよいだけの話です。

 

(3)通常価格が8980円、それがプライム会員なら4980円。

安いです。

しかも、多くの無料本が利用できます。

ゆえに、さらに安く感じます。

 

この3つが、貧乏英語塾長がもっとも評価するところです。

その他、(4)から(7)も、人によっては重視するポイントがあるはずです。

 

そして、何よりも読書に特化したところが潔くてよいではありませんか。

Kindleを使っているときには、読書に集中する。

そう割り切ればよいわけです。

 

しかも、軽いですから、スマホと一緒に持ち歩くことも苦にならないはずです。

読書・勉強は、Kindleで。

仕事・用事は、スマホ・PCで。

この使い分けで、メリハリが生まれることでしょう。

 

読書は、すべての勉強の基本。

がんがん読んでください。

 

今日の教訓:読みやすい環境づくりこそ、読書上手への道!

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM