敏感人間は、即決即断で生きる

  • 2016.04.04 Monday
  • 08:17


鈍感人間は、お金の使い方が下手です。
活きたお金が使えるほど、気配りができないからです。

他方、敏感勉強家は、常に周囲に気を配り、勉強できるものへの投資を怠りません。
それ相応のお金を投下しないと得られないものがあることを、敏感勉強家は知っているのです。

たった一度の人生です。
どうせなら必要なものに必要なだけお金を投下し、夢と希望をかなえようではありませんか。
 
貧乏英語塾長は、自分を敏感勉強家と威張るつもりはありません。むしろ、鈍感な部分が残っていることを自覚し、敏感勉強家にならねばと日々努力していると申し上げるほうが正確です。

実際、うそ偽りなく貧乏ですから、お金の有効投資に関しては、神経を使います。極端なことをいえば、勉強にならないことには一銭も使いたくありません。

しかし、勉強になることなら、可能な範囲でどんどん支出しようと決めています。そして、その決断は、「即決即断でなければならない」と考えています。

なぜか。

事前に、リサーチをしてお金を使うものが自分に役立つものであるとわかっていたとしても、その投資を順延したとしましょう。そうすれば、人間はどんどんその投資をすることを嫌になっていきます。そして、ついには「あれにお金を投資しなくてよかった」とまで思うようになるのです。

これはこれで、お金を使わないので、悪くなさそうな判断に思えます。ですが、貧乏英語塾長には、縮小均衡を招くとんでもない「機会損失」に思えてならないのです。

勉強は、生ものです。

その瞬間に勉強すれば、最高の栄養を脳と心は享受できます。しかし、そのタイミングを逃すと、その対象は腐敗し、食中毒さえ冒しかねません。

だからこそ、勉強すべきだと判断した自らの直観を大切にしたいのです。

今回、中谷美紀さん主演の舞台『猟銃』を貧乏英語塾長は見に行きます。

インターネットでチケットの有無を調べたら、明後日の最前列の席が空いていたので、8824円を支払って行くことにしたのです。

 公式サイト:http://www.parco-play.com/web/program/ryoju/#outline

TVをもたないので、中谷さんがいま現在TVドラマでどのような活躍をしているかはほとんど知りません。ですが、この人の映画は『嫌われ松子の一生』(2006)で衝撃を受けて以来、ほとんど観ています。
 
嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント
 劇場レビュー:2006.05.31 Wednesday 嫌われ松子の一生
 DVDレビュー:2007.07.30 Monday 嫌われ松子の一生(DVD)
 UK BDレビュー:2011.06.26 Sunday 嫌われ松子の一生(UK BD)

冷たささえ感じる凛とした美しさとそれに反する熱い心象表現は、世界を見渡してもこの人しか出せない魅力だと考えているからです。

その中谷さんが主演した2011年初演の舞台『猟銃』は、名作だとが話題を呼びました。しかし、貧乏英語塾長はそれを見逃してしまいました。ゆえに、たいへん悔しい思いをしており、再演の時には絶対に観てやろうと思っていたのです。

その『猟銃』が4月2日から始まり、探したら、下手のはじの席ですが、最前列の席がまだ空いているではないですか。ありがたいと、すぐに購入しました。歌舞伎でも一幕見席で1000円、2000円で安く抑える貧乏英語塾長ですが、こればかりは見逃せません。

必要な勉強にお金も使えないようでは、単なる「貧乏人」の「ケチ」です。貧乏「英語塾長」ではなくなってしまいます。明後日の勉強がむちゃくちゃ楽しみです。

今日の教訓:勉強には、金がかかる!
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM